プロアイリストになるためのスクールガイド
HOME >  アイリストの卵のためのQ&A >  就職に有利って本当?

就職に有利って本当?

アイリストの資格が美容業界への就職に有利な理由を解説します。

アイリストの資格は「今」が旬

美容業界に就職・転職したいなら、今の業界のトレンドである、アイリストの資格を取得しておくといいでしょう。

ネイリストよりも新しい業界で、まだネイリストほど資格を持っている人が多くないため、まつげエクステンションの資格保有者は優遇される傾向にあるようです。

ネイルサロンは安定した人気がありますが、既に飽和状態のため、キャリアがないとなかなか雇ってもらえません。

アイリストの資格をとるなら、これからまだまだ成長が見込まれる、まさに「今」なのです。早めに取得しておいてソンはありません。

ブランク後の再就職にも有利

現在、美容専門学校に通っている学生さんや、元美容師の方、美容師免許を取得したけど別の道に進んだ方などは、アイリストの資格をあわせて取得することで、美容業界への就職がぐんと有利になるでしょう。

就職氷河期といわれるこの時代、美容師免許だけではあまり武器にはならないでしょう。特にブランク後の再就職は非常に困難です。

その点、アイリストの仕事は一度リタイアしたママさんにも最適です。

年齢やブランクを経ても就職のニーズは高く、1日の中で短時間で稼げるから、子育てしながらでも十分に稼げる可能性が高い仕事です。

また、美容師ほど過酷な条件があわない人にもおすすめ。手あれや就業後のレッスンなどもほとんどありません。

スクールで専門の知識・技術を習得して、アイリストの資格を取得すれば、一定のスキルの証明となり就職や転職にとても有利です。

美容師免許プラスアルファの資格として非常に「強い」資格だといえます。