プロアイリストになるためのスクールガイド
HOME >  プロのアイリストになるには >  JLA技能試験を受けよう

JLA技能試験を受けよう

ここでは、日本まつげエクステンション協会の「JLA技能検定」の内容をご紹介します。

アイリストの資格とは

アイリストには国家資格はなく、民間の資格がいくつかあります。ここではもっとも有名な資格の1つ、日本まつげエクステンション協会の「JLA技能検定」の内容をご紹介します。

JLA技能検定とは、「アイデザイナーの正しい技術と知識の向上を目的とした、実践に役立つ試験」です。

2級、1級とあり、2級はだれでも受験でき、1級は2級取得者のみが受験できます。

どんな試験があるの?

まず、2級の試験内容ですが、実技90分+筆記30分で行われます。

実技では、事前審査として、ワゴンセッティングや衛生管理のほか、モデルのまつげの状態や、施術者のマナーが審査されます(10分)。使用する用具はすべて持参で、モデルも自分で用意します。

実技の前半は「上まつげオン」で、片目25本、両目50本を60分で行います。ふだんからこのペースで施術できるように練習しておくとよいですね。

後半は「上まつげ全オフ」を20分で行います。コットン・綿棒・マイクロスティックのいずれかを使用してりムーブします。リムーバー剤の種類は自由です。

筆記は選択問題と記述式で30分です。

1級の実技は「上まつげオン」で片目40本以上、両目80本以上を60分で行わなければなりません。

そして「上まつげ部分オフ」が20分「下まつげオン」が30分、さらに実技+筆記のほかに、「審査官とのカウンセリング」が30分あります。

合格ラインは2級、1級ともに、実技試験80%、筆記試験80%以上の採点で、合格するとディプロマがもらえます。

いつ、どこで行われるの?

試験会場は札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄で行われます。受験料は2級1万円1級1万5000円。試験は2~3か月に1回の頻度で行われていますから、日本まつげエクステンション協会のホームページをチェックしましょう。

「JLA技能検定」を突破するには、日本まつげエクステンション協会の認定スクールに通うのが早道です。

試験に必要な知識と技術が効率よく学べます。多くのスクールで検定対策コースや、検定に対応したコースを設けていますので、そうしたコースの受講を検討してみるとよいでしょう。

アイリスト資格のためのスクールランキング