プロアイリストになるためのスクールガイド
HOME >  プロのアイリストになるには >  美容師免許が必要

美容師免許が必要

アイリストに必要な美容師免許のほか、取得すると有利な資格についてまとめています。

アイリストに美容師免許は必須!

アイリストに特別な国家資格はないけれど、「美容師免許」がなければ施術してはいけません。

数年前から急激にまつエク業界が成長し、それに従ってトラブルも続出。

そこで厚生労働省より、平成20年3月に「まつ毛エクステンションによる危害防止の徹底について」という通達が出されました。

現在、まつげエクステンションは美容所で美容師のみが行える行為となっています。つまり、美容師免許を持たずにまつげに施術するのは違法なのです。

アイリストの技術は一から

とはいっても、美容師の技術とアイリストの技術は全く異なります。ですから美容師免許を持っていても、アイリストになるには一から知識と技術を学ばなければなりません。

気軽に半日コースや1日だけの短期講習を受けただけでアイリストを名乗ることもできるにはできますが、目元のトラブルは万が一のことがあってはいけません。

「生半可な」技術ではなく、ぜひしっかりと勉強して、自信をもってお客様に施術できるプロフェッショナルなアイリストを目指しましょう。

現在、美容専門学校に通っている学生さんや、元美容師の方、転職を考えている資格保有者の方は、アイリストの技術を身につけることで、就職の幅がぐんと広がります。

少しでも興味があるなら、せっかくの美容師免許を生かしてみてはいかがでしょうか。

民間の検定資格で技術を証明できる

アイリストの技術を証明するものとして、民間の検定資格がいくつかあります。

有名な資格の1つに、日本まつげエクステンション協会の「JLA技能検定」があります。この検定の1級を持っていれば、たいていのサロンで通用するでしょう。

独学で取得する人もいるけれど、ひとりで実技を身につけるのはとても大変です。実践的な技術がすぐに身につくスクールへ通うことが、プロのアイリストへの早道だと思います。

検定資格を取得できるアイリストスクール一覧